0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

category :被曝・症状

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島からの車で被ばく疑い、医師「放射線影響の疑い」診断書

本家サイトにアップした内容ですが、アクセス負荷妨害に合ってるので
(自然現象ではないのは明らか)応急処置としてこちらにアップします。

本家サイトURLは下記のとおりです。

http://sekaitabi.com/exposedcar.html

+++++

驚きの現象が報告されています。汚染地域から持ちだした車により被ばくし、
症状が出てきているという、13歳の双子の男の子の様子です。



放射能汚染車両による双子の外部および内部被曝経緯より



時系列における出来事




年月日時系列別出来事(詳細は各リンク参照)
2011.3.12福島第一原発1号機爆発
川内村に住む双子の祖父母が、避難者に対し川内村で炊き出し
2011.3.13同様に双子の祖父母が川内村で炊き出し
2011.3.14福島第一原発3号機爆発
双子の祖父母が川内村脱出
フォレスターで燃料を買出しに走るも購入できず、
ガス欠で自宅放置。ミニカで郡山避難所へ
2011.3.15~17双子の祖父母が郡山市の避難所で過ごす
2011.3.17双子の祖母父が、ミニカは郡山市の避難所付近に残し、
新幹線で横浜の息子(実子=長男)夫婦宅に入る
2011.3.29双子の祖母父が、郡山市にミニカを取りに戻ったあと、
北海道(実子=長女居住地近隣)に移住。
この頃から双子が送迎などで祖父母のミニカに何度も乗車する
5月双子のK君Y君が、同時に倦怠感で寝込む
6月双子のK君Y君が、同時に倦怠感で寝込む
7月半ば双子のK君Y君が、同時に倦怠感で寝込む
2011.7.28~30双子の祖父母が身の回り品およびフォレスターを取りに、
川内村に一時帰宅。28日北海道発→29日に川内村の自宅着。
車両1台(フォレスター)とその他の身の回り品を
当麻に持ち帰る。この際、特に放射能防御は何もしていない。
フォレスターは原発爆発から4ヶ月半、野外に放置。
双子はフォレスターにもこの頃から何度か乗車する
2011.8.4双子のK君Y君が、再び同時に倦怠感と体調不良で寝込む
8月上旬Y君が寝込み始める。K君はやや回復。
2011.8.15病院で双子が診察を受ける
(吐き気・頭痛・倦怠感・寝汗・無気力)
血液検査は異常なし
2011.8.18K君の右足ふくらはぎ疼痛が始まる
Y君の痙攣が始まる
2011.8.30ミニカのラジエター付近で友人のH氏が最大0,9μSv/hを計測
(結果的にこの発見が双子の最悪の事態回避のきっかけに)
すぐに自宅に戻り、Y君の頭部LET(快療法)で異常に気付く
2011.9.1札幌にてプハン(バンキー)治療
以後、毎日バンキーや快療法に基づく手当てを
自宅にて双子に実施。
9月中旬Y君の歩行障害が始まる
10月下旬Y君の痙攣は、外見的にはわからない程度まで回復
(胸に手のひらで触れると若干感じる程度)
2011.11.6旭川トヨペットと汚染車部品交換の直接話し合い(断られる)
旭川ホンダと汚染車の部品交換の直接話し合い(断られる)
2011.11.6旭川トヨペットと汚染車部品交換の直接話し合い(断られる)
旭川ホンダと汚染車の部品交換の直接話し合い(断られる)
2011.11.7旭川スズキは電話で「放射能汚染のある車は…」と断られる
ミニカの外部線量の再測定を行う
2011.11.9北海道内の病院にて神経内科を受診
双子とも、神経に関する触診・運動系テストでは異常無し
しかし、痙攣や歩行困難、筋肉の疼痛や萎縮など、双子に
ほぼ同時に起きた経緯などから「放射線による可能性がある」
と医師が認め、診断書を書くことを了承
診断書参照
2011.11.18旭川三菱が部品取り外し作業を受け入れてくださり、
ミニカの部品回収。このとき、ワイパー下部
(フロントデッキガーニッシュ内部)に詰まった
土埃から最大で2,6μSv/hを計測(DP802i)
11月下旬Y君の痙攣は外見的にはわからない程度まで回復
(胸に手を触れても第三者にはわからないが、
本人においてはまだ微細な痙攣感覚あり)
2011.12.1土埃をSOEKS-01で再計測し、3,03μSv/hを計測。
アルミ板でβ線遮蔽を行っても、0,62μSv/hを計測。
※この土埃はわずか数グラム(耳かき数杯程度)
2011.12.6道民放射能測定所のベクレルモニターLB200にて、
土埃(耳かき数杯程度=数グラム)を測定。
1万数千ベクレルを確認。
横浜の同位体研究所に同検体を測定依頼
2011.12.14同位体研究所による、上記数グラムの「土埃」の測定結果:
セシウム137=3,587Bq、セシウム134=2907Bq
セシウム合算6,494Bq
 → 数グラム=5gの土埃と
仮定すると、×200倍で、濃度=約130万ベクレル/kg



ミニカの線量





0,1μSv/h0,26μSv/h
1,29μSv/h1,36μSv/h
1,92μSv/h0,20μSv/h
機種がDP802iであることと、β遮蔽をしていないことなどから、正確な線量とは
言えないですが、この場所の平常空間線量が0,10μSv/h前後ですから、
線量計が大きく跳ね上がっていることは明らかにわかります。


車の各部に、1マイクロ超えしている部分があるのがわかります。


医師も「放射線の影響」と診断書


アップしてくださっている、医師に出されたという診断書がこちら。

K君の診断書



Y君の診断書



正直なところ、よくここまで認めてくださったと、神経内科・担当医に感謝しています。放射能による健康への影響は、よく「何万人に1人」「何千人に1人」などという言い方をします。しかし、そのような統計学的表現は、被害を受けた人にとって、何の意味もありません。

たとえ解剖しても、断定的な診断が難しいのはチェルノブイリが証明してくれています。

ベラルーシの女医、スモルニコワ医師は「子供は20Bq/kgの土壌汚染だとまだ安全。子供は50Bq/kgから危険がはじまる。大人は200Bq/kgから危険です」と、自らの臨床現場の体験とデータから明確に語ってくれています。

その数字と比べても、この車両汚染は、何万倍もの濃度です。。。




ミニカのエンジンルームなどの部品取り外し現場


ミニカのエンジンルームなどの部品取り外し現場

部品から最大2マイクロシーベルト毎時超




土埃数グラムのLB200における測定値


土埃数グラムのLB200における測定値




以上、どちらも同じ検体「土埃を拭い取った布」が入っています。

一度目の計測値は左の9,331Bq。同じ検体をリセットして再計測したのが1つ目で、オーバーフローしてしまった
(10000Bqが測定限界)


左は上記の布からわずかにこそげとった土埃が入っています。
これは2,405Bqを計測。

上の低い値のほうの9,331と2,405を合計すると、11,736Bq

この値は、あくまで、フロントデッキガーニッシュ内の一部の土埃をぬぐっただけの数値です。土埃自体は数グラムしかありません。

この検体を後日「同位体研究所」に測定依頼しました。


確かに、OVERFLOWと書かれています。測定限界値を上回ってしまっている。
わずか、数グラムの土埃でです!

そして上部の表にもあるよう、わずか数グラムの土埃でこうです。

これだけの高汚染がされているということです・・・

先日、警戒区域20km圏内の車1300台が公式に持ち出されたことがニュース記事になっていました。すべてこのような汚染という確証はないものの、汚染がものすごく高いと思われる車が1300台、外に持ち出された・・・

何ヶ月もの間20km圏内で放置された車は放射性廃棄物同然。その距離でなら当然、放射化もされていることと思いますし、してないとしても、上記の方の車が高い放射線量を放っていたことは紛れもない事実です。

 






 
改訂版 これから起こる原発事故 原発問題の専門家から警告
(2007年の本。まるで福一の事故が予測されてたかのよう)

 


スポンサーサイト

テーマ:原発事故
ジャンル:ニュース

アルジャジーラ「現地の医師も被曝の可能性を認めた」

千葉県船橋市の二和病院の柳沢医師によると「鼻血の増加、インフルエンザのような症状、継続的な下痢の兆候が子供に見られるがこれは放射線のせいと考えられる。また今までの知識では対応できない新しい状況が見受けられる」
https://twitter.com/#!/TragedyJapan/status/104457469350260736


原文はこちら

Fukushima radiation alarms doctors








原発と、危ない日本4つの問題




テーマ:放射能ニュース
ジャンル:ニュース

被爆症状でないとは必ずしも断定できない?

それまで健康だった人の突然死、
出産前の死亡や死産のツイートが増えた気がします。



因果関係は全く不明だけれど、自分の周りで突然死が増えてる。特に持病のなかった方の突然死だ。震災ストレスが出るのは3ヶ月後あたりからだそうだから、ジワジワ増えてるだけなのかな?あるいは心筋に沈着する放射能核種のせいかもと疑ってみる。
https://twitter.com/#!/yuzulin/status/102352715052630016


もう関東地方の妊婦さんの死産もすごく増えてるみたい。
大阪も数値高いし、他人事じゃない。
https://twitter.com/#!/rina8singer8ldp/status/102550868938858496


初期流産した子は周りに3人。
https://twitter.com/#!/KuzuiRyou/status/100152278585065473


今日25年前チェルノブイリの事故を受け反原発の運動をされていた知人に聞いた話、アメリカの東海岸周辺に住む友人が付近の放射能線量が福島の影響で高くなっている。すでに周辺の妊婦の流産率や死産率が25%から35%も上がっていると!アメリカ産の食べ物も気を付けないとダメと言われた
https://twitter.com/#!/an_appIe/status/102376273409617920


今日福島にいる母から、親戚のお嫁さんが来月出産だったのにお腹の中で突然死していたとゆうのを電話で聞いた。母の周りでは2例目らしい。
私は心の中で放射線の影響を考えたが、何も根拠がないので口に出来なかった。
https://twitter.com/#!/amityworld/status/101322209674539008


福島の私の知人も同じでした。
放射能と特定できる証明ができないのが苦しい限りです
https://twitter.com/#!/amityworld/status/101490723882414080


----------------------------------------------

放射能の影響とは断定できなくても、
放射能の影響ではないとの断定もできません。

統計的に数字が激増しているという事実が出れば
実質、放射能の影響だと思わざるを得ないでしょう。

数字が増えるということは、
それだけ悲劇の数が増えるということですが・・・

このような情報は隠蔽される可能性があるので、
見つけ次第、このブログにも残していきます。

子どもを守るため、共有していくべきと考えます。




mamoru.jpg



放射能からママと子どもを守る本




テーマ:原発事故
ジャンル:ニュース

[放射能] 被曝治療から見えた事実

フィリピンにて、被曝治療に関わってるという日月土さんのブログ
「新・日本の黒い霧」より転載させていただきます。

私もフィリピン在住ですが、フィリピンの医療は
日本人がイメージするより、遥かに進んでいるようです。

医師の多くが、アメリカ帰りであることもあり、
アメリカの先端医療が持ち込まれ活用されてると聞きました。



被曝治療から見えた事実



ここで、簡単に被曝治療のご報告を。フィリピンでの治療経験を通して言えることは、次のようなケースでは、放射性物質の体外排出がより少ない治療回数で実現できたことです。

(1)汚染地帯から早期に避難する
(2)外出・食事など放射能対策に留意する
(3)311以前から健康管理ができている(普段から健康に留意)


(1)、(2)は被曝量を減らす努力であり、誰でもご納得いただけると思いますが、(3)については少し説明を加えます。

「放射化した日本人」シリーズお知らせしたように、内部被曝による免疫システムへのダメージは、血中のマクロファージがほとんど活動を停止させてしまうほど強烈なものです。末期癌でもここまでひどい免疫不全は珍しいでしょう。

311以前からタバコの吸い過ぎ、外食中心の食生活をしてこられた方は、すでに、その時点で免疫力の低下を起こしている可能性があります。これに、被曝による免疫不全が重なると、病気の進行が急速に早まります。

小学生の時からタバコを吸っていたというNAさんの場合、被曝による免疫不全の影響で、肺癌の発生サインが治療初期から明確に現れました。日本の診断基準で言うならステージ4のレベルまで進行していたことになります。このような場合、被曝治療には

 ・放射性物質の体外排除
 ・免疫不全で発生した疾病の除去


という2段階の過程が必要となり、短く済む人の2倍から3倍も治療期間が掛かってしまうことが実際に発生しています。

幸いなことに、放射線原因による癌の場合は、被曝治療を継続することで完治できることがわかっています。

また、放射線が癌を生み出すという意味では、日本からの避難者全員(私を含め)に、程度の差こそあれ、免疫不全と癌発生という同じパターンが見られました。

現在、治療継続中の方もいますが、その他は全て癌の進行を止めることに成功しています。この節で私が読者の皆様に伝えたいこと、それは

 ・とにかく、原発から少しでも遠い所に逃げる
 ・逃げる前、逃げた後も、外出と食事に注意、内部被曝を避ける
 ・偏食、タバコの吸いすぎなど健康の阻害要因を取り除く


です。311以前の健康管理について、今更何を言っても始まらないですが、できれば今からでもご自身の生活習慣を見直してください。

もしも、以前から持病、健康に不安があるなら、尚のこと早く避難されることをお勧めします。

これらの警告は、将来、被曝治療を皆様に提供できるようになった時、少しでも身体への負担が少なく健康を回復されることを願ってのものです。


放射能を怖いと思うことは間違っていない



空間・土壌放射線測定値、食品の汚染状況などは、ネットでいくらでもデータを調べ出すことができます。

ホットスポットと呼ばれる千葉県柏市で、チェルノブイリ強制避難区域と同レベルの値が測定されたことも、関心の高い方なら既にご存知のことでしょう。

そんな所に住み続けることがどれだけ異常なことなのか、私には信じられないのですが、果たして何10万人もの住人が今でも住み続けていらっしゃるのが現実。

このような状況を長時間、文字や音声で追いかけ続けていると、私自身でさえ「もしかしたら、大丈夫なのかな?」と錯覚させられることすらあります。被曝患者の血中放射性物質をこの目であれだけはっきりと観測したにも拘わらず。

テレビや新聞で(B)のような論調が流れ続け、自分の周囲がそれに懐疑心を抱かないような状況なら、人は簡単に(B) の思考に誘導されてしまうことでしょう。

4ヶ月近く自身の判断を信頼し、危険地帯からの脱出を決意、あるいはそこに留まって放射能の危険性を訴え続けてこられた方には、ある種の敬意を覚えます。

----------------------------------------------

放射能を心配する人を「放射能、恐い恐い病」と呼ぶ行為が私には理解できません。「放射能を恐い」と思う心のいったいどこが間違っているのでしょうか?

知人からのレポートによると、地下水脈の汚染は今や東京都の地下まで到達し、安全なペットボトル飲料も少なくなってきていると言います。

この秋に汚染穀類が出回るようになれば「食べ物はあるが食べられる物がない」という、これまで日本国民が経験したことのない新しい食料難がやってきます。

私は、皆さんに一人でも多くこの困難から生き延びてもらいたい、逃げられる人は早く逃げてほしいと望んでいます。


----------------------------------------------

私も同じ考えです。可能な方には逃げてほしいと思ってます。
特に、お子さんを持つ方。

もちろん、この国難の危機ですので(そう思ってない国民が多数のようですが)
自分でサバイバルしていくための力も必要となります。

逆に、それがないとむずかしいとも言えるくらいの局地でもあると。

考えずに感じる、動物的な勘が今こそ必要とされてるのではないかと
強く感じています。



煽っているわけではありません。
現実を述べているだけです。

「煽ってる」などと言う人こそ、自分が平和ボケして
思考停止していることを、今すぐに認めるべきです。



その人の問題だけで済むのであればいいです。

そのような思考停止・痴呆化した状態の人が多いと、
日本はこのまま破滅への道をたどってしまうんです。





shokuryo.png



食糧危機が日本を襲う!





テーマ:原発事故
ジャンル:ニュース

[放射能] 被曝症状?女性にみられる異常

被曝とは必ずしも断定はできないものの、
子どものいない女性からも、月経周期が狂ったなどの声が
聞こえてくるようになりました。

★個人的な事項ともとれるので、URLは控えますが
確かに、Twitterで流れていたツイートです。

木下黄太さんのアカウントに注目していれば
見かけることと思います。



【木下さんより】

原発事故後、妊娠可能な女性で、生理不順、生殖系統の異常を訴えるツイートが多く寄せられています。ツイート上では表現の限界もあると思います。個別具体的なお話やご相談があればメールしてください。
https://twitter.com/#!/KinositaKouta/status/99798740860280832


----------------------------------------------

6月下旬から15日周期です。まさかの更年期?それともストレスかと不安になっていました。被曝の影響ならどうしたら…

わたしも3月以降、月経が19日周期で来ています。通常は28日周期なのに。卵細胞が長く生きられなくなってしまったのかもしれません。7月に松本に移りましたが、それまでは川崎にいました。

がーん、わたしもだ。これも被曝か…

私も横から失礼します。先月の生理が3日で終わりました。これも関係あるんですかね。初めてです。。怖いですね。

言われてみれば…。いつもキチッとした周期で来るのに、先月は5日早く今月は1日遅れでした。

私はいつも40日周期なのに、15日で生理きます…しかもダラダラ長引きます…

私、長くなってるんですょね…精神的なものだと思ってたけど…

ティーンの娘も激しく遅れるようになり心配してた所でした。

月経が19日周期で来るとは。怖すぎる

関係性不明ですが私は事故後卵巣が腫れる病気。友達は月経が毎月早く来る

そういえば35日周期だったのが28日になってる…

5月から6月にかけて、生まれて初めて生理が一ヶ月遅れました。同時期に喘息のような酷い咳。のどの違和感(錠剤が飲み込みきれず、のどの途中に錠剤がある感覚)埼玉県在住です。

私も先月2回生理が来て不思議に思ってた…

7月だけ22日で驚いたけど婦人科では異常なしと…

私23日。逆に友人は1ヶ月飛んだりとか。あとGW前に突然、喘息みたいな激しい咳がついたのは、今思えば放射性物質のせいだった?

早まってます確かにこんな事無かった

出血量が多く、まさか化学的流産でもしてるんじゃないか、と一瞬だけどひるみました。

今年4月に初期流産、7月にかつてないくらい基礎体温が乱れホルモンバランス崩れてる?と思った途端妊娠発覚。でも今大出血中。多分今回もダメだと思います…。昨年8月も流産してるから私は不育症かと…でもどうなんだろ?と疑う気持ちもあります。不安は尽きません。

----------------------------------------------

(参考ツイート)

★ゴメリ医大元学長バンダジェフスキー博士の著書「人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響」に女性の身体に入ったセシウムは月経サイクルの不調を招くと記載されているそうです。

★よく目にしますね、「不妊化」 私はもう否定はしないけど、現場では何の疑問も抱いていない人が大多数かと。「お上」が決めたことなので(遠い目)

★生理不順を訴えている人は多いです。チェルノブイリでもそうでした。でも日本では「震災のストレスのせい」でおしまいでしょう。


子宮系に限らずですが、症状や異常の声が多いです



震災ストレスということもあるかもしれませんが、
それにしても報告が多いこと、そしてチェルノブイリ事故でも
周期や子宮の異常の報告は多々されているそうです。

被曝の影響と決めつけはできないものの、
被曝の影響と否定もできない状況。その可能性は決して否定できません。

私が今まで見たツイートや情報では、
汚染の少ない地域に移動することで、症状がおさまりよくなった、との声です。

個人的には、被曝の影響が少なからず出ているものと予測します。

特にこれから子どもを産む女性。
可能なら、より被曝の少ない地域へ移動することがベストです。

そしてもちろん、食べ物に最大限に気をつけるべきです。

(本音を言えば、海外避難が一番のベストです。
もしあなたが独身なら、長期で旅行でもいいので、
日本から離れてみることをおすすめします。)








世界一わかりやすい放射能の
本当の話-完全対策編





テーマ:原発事故
ジャンル:ニュース

[放射能] 在アメリカの日本人医師からの情報

ジャーナリスト木下黄太さんのブログ
「福島第一原発を考えます」のコメント欄にて、
在アメリカの日本人医師からの有益な書き込みがあったので
そちらから転載させていただきます。

体内に入ったセシウムで病変がおきる危険を認識せよ、ベラルーシからの警告

ブログ本文は長いためここには載せませんが、
上記リンクからご覧いただけます。

木下さんのブログは、ご本人が発信されている情報も
大変貴重ながら、コメント欄でも、医者の方を含めた生の声が
得られるので大変貴重です。



コメントより抜粋



木下さん、久保田教授の翻訳から抜粋して下さって、ありがとうございます。本文と翻訳文を両方依頼してありますが、海外へは日数がかかるため、まだ届いておりません。こうやって、主要ポイントを教えて下さるのは、助かります。

また、こちらのビデオは英語のみなのですが、ベラルーシ出身の女性が1990年に制作されました。元々、テレビ局のプロデューサーであったGalinaさんは、チェルノブイリ事故後、フリーランスのジャーナリストに転向されました。海外メディアが、チェルノブイリ事故をセンセーショナルな部分でしか取り上げない事に嫌気がさし、事故から4年後にこの「To Whom It May Concern...」を制作されたわけです。

http://www.youtube.com/watch?v=pi8aC9Knwb4

ビデオ内では、英語が分からなくても、住民の苦しい様子が痛いほど分かります。

彼女の事は偶然、人づてに知りました。現在彼女がご主人と一緒に関わってられる事が、私が関与しているサイトに関連していると思われるので連絡を取ればどうか、との提言があり、コンタクトを取る事ができました。木下さんのブログで、あまり私が関与してるサイトの詳細を出すべきではないと思うので、アドレスを残すだけにします。

http://nihongo.zerorads.com/index.html

私は現在、彼女とコンタクトを取っており、彼女の被曝者としての経験、ニュージーランド人のご主人がどのようにチェルノブイリで活動されたかなどの情報を翻訳する許可を頂いてます。

手短に現在の日本の状況を話しましたが、ベラルーシと全く一緒だ、と言われてました。

汚染状況を明確にしない、汚染食品を食べさせる、汚染区域に仮住宅を建てる、症状と汚染の因果関係を認めない、と言う事が、ベラルーシでは起こったそうです。 

避難も3年後までさせなかった場所などもあり、もちろん当時の住民には情報が入りません。
 

今の日本は、せめて、インターネットのおかげで、情報隠蔽を鵜呑みにする必要はありません。そして、このような論文の和訳も手に入ります。

内部被曝が、食品からでも空気からでもどれほど危険かと言う事を、一人一人が知る必要があると思います。

(引用ここまで)



【子供用N95マスク】微粒子用




テーマ:原発事故
ジャンル:ニュース

初診料2,700円(+税)で内部被曝検査が@北海道

初診料2,700円(+税)で、ホールボディーカウンター検査
(内部被曝の検査)が受けられるそうです。

詳しくはお問い合わせください。

北海道がんセンターHPおよび問い合わせ先 または電話011-811-9118


Twitterより

北海道がんセンターの西尾院長様より以下のメールを頂きましたのでお知らせいたします。「11日よりホームボディカウンタによる測定を開始します。私が対応し初診料に該当する2700円+5%消費税で2835円で検査することにしました。」とのことです。
https://twitter.com/xine_1/status/88809141488992257


北海道がんセンターで道内避難者はWBCによる内部被曝の検査を院長自らの対応で受けられる。その西尾正道院長は医療ガバナンス学会にて『福島原発事故における被ばく対策の問題-現況を憂う』を載せている。解説付きサイトから
https://twitter.com/mamarutan/status/88850032928882688


道内に避難している皆さん、北海道がんセンター(札幌市白石区)毎週(月)14~16時毎回10人まで予約制でホールボディーカウンターでの内部被曝検査を受けられます。料金は初診料(消費税込)のみで2835円。問合せは(011-811-9118)
https://twitter.com/jinjajinja/status/88811331368665088



カード式線量計 小学館DIME誌にも掲載




テーマ:原発事故
ジャンル:ニュース

PR

検索フォーム

RSSリンクの表示

カテゴリ

月別アーカイブ

本棚

病気は自分で治す―免疫学101の処方箋 (新潮文庫) マンガで教えて安保教授!病気にならない免疫学
「免疫を高める」と病気は勝手に治る (マキノ出版ムック) 病気が治る人の 免疫の法則
心の病に薬はいらない! 命を脅かす!! 「健康診断」の恐怖 (宝島SUGOI文庫)
禁煙しないでタバコをやめる! ニコアン・セラピー 「モンスター食品」が世界を食いつくす!  遺伝子組み換えテクノロジーがもたらす悪夢

非常用食品

【リニューアル】これならイザというときも満足できます!5年保存の非常食を18種類セットにした【3日間満足セット】 尾西食品 アルファ米12種類全部セット(各味1食×12種類・新味追加)
備蓄用・保存用米飯 200g×6個 サッと固まる非常用トイレ袋(30回分) 災害での断水時でもトイレが使える!
[2CS] 志布志の自然水 非常災害備蓄用 (2L PET×6本)×2箱 (5年保存水) サタケ マジックライス 7食セット (賞味期限5年あり)
三立 ホームサイズカンパン 475g 井村屋 えいようかん 5本
ナビスコ リッツ 保存缶S (44g×3P)×10個 ビスコ 保存缶 30枚×10個

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。